• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

  • none

ピックアップ店舗

shop namearoma room エツコ

shop nameらーめん処 ○は

shop name個太郎塾 谷津教室

shop nameアサヒ建築土木株式会社

shop name朝寝坊

カテゴリ
ホーム >> 特集ページ一覧 >> 習志野から日本一 アメフト オービックシーガルズ

習志野から日本一!

オービックシーガルズ

オービックシーガルズ

  チームフィロソフィー (理念)私たちの使命

ワクワクするフットボールを

アメリカンフットボールは、本場アメリカで“The Ultimate Sports”(究極のスポーツ)と、敬意をこめて呼ばれています。

心と技と体を高度に鍛練したアスリートたちが、ぶつかり、走り、跳び、プライドを賭けてタッチダウンを追い求めるフィールド上の戦いに加えて、陣地と時間をコントロールしながら、少しでも相手より優位に立つ戦略を膨大な作業から組み立てていくコーチ陣のサイドライン上の戦い、そして、何万人という人たちがお祭りのように集って、試合を楽しむエンターテインメント性。これこそが究極の世界です。選手もコーチも観客も、思いっきり激しく楽しい!面白い! それがアメリカンフットボールなのです。

オービックシーガルズは、アメリカンフットボールのこの原点に立ち返り、「究極」を私たちなりに「ワクワクすること」と置き換えることとしました。選手はもちろん、コーチも、何よりも観に来てくださるお客さまがワクワクするフットボールをすることを第一の使命とします。そして、そのことを積み重ねて日本のアメリカンフットボール力を上げていくことが、私たちの存在意義であると考えます。

  私たちが大切にすること
 そして、この「ワクワクするフットボール」をやり続けるために、私たちが大切にする価値観は次の3つです。

選手が主役で勝つこと
私たちが目指すフットボールは、選手が主役で勝つフットボールです。一流の社会人、市民として、アメリカンフットボールに挑戦する一人ひとりの選手の自覚、誇り、個性を核にした、その人らしいフットボールを磨いていくこと、その集合体で「日本一」を実現することに、コーチもスタッフも最大の努力を払います。

改革すること
私たちは、昨日よりも今日、午前よりも午後、前半よりも後半、1プレー前よりも今のプレーと、絶えることのない「改革」を続けて、フットボールにおける新しい価値を追究します。日々の改革と誰もやらないことにも挑戦すること、そのことによって自己実現を果たし、成長するチームであることを基本姿勢とします

本気でやること
2005年に、創部以来培ってきた私たちの想いを、
「ひとりひとりの “本気” でシーガルズを創り、シーガルズの “本気” がみんなを変える」
という 「チームDNA」のフレーズとしてまとめました。選手はもちろん、コーチやトレーナー、チームスタッフ、スポンサー、パートナー、試合会場にかけつけてくださったファンの方々、クリニックやフラッグフットボール体験教室への参加者に至るまで、一人でも多くの人が「本気」になることを目標とします。

  ビジョン-実現すること

アメリカンフットボールのプロチーム、プロリーグの実現

チームのビジョンは、「千葉県におけるアメリカンフットボールのプロチームの創設」です。

プロチームの実現には、日本におけるアメフトのプロリーグ化が実現することや、それを支えるフランチャイズと支援してくださる多くの方々、リーグ、チームを持続的に成長させるための人材が必要です。また、「ワクワクする」フットボールを「本気で」やりきる選手たち。そしてその選手たちを支える様々な制度……。たくさんのことが整備され、創り上げられる必要があります。ひとつとして欠けては、実現はできません。ハードルが高い目標ではありますが、私たちは、このビジョンを皆さんと一緒に実現していきたいと考えています。



習志野から日本一

オービックシーガルズは、習志野市茜浜を拠点に活動する社会人アメリカンフットボールの「Xリーグ」に所属するクラブチームです。
2010~13シーズンの4年連続で日本選手権「ライスボウル」を制覇し、史上最多の7度の日本一を果たしました。

オービックシーガルズ習志野応援団

オービックシーガルズ習志野応援団

「習志野から日本一」をホームタウンをあげてサポート

「習志野応援団」は、一丸となってオービックシーガルズを応援することを通してホームタウン習志野市の活性化を目指す集まりです。
3連覇がかかった2012年のJAPAN X BOWL(社会人決勝)を前に結成され、東京ドームに「習志野から日本一」のビッグボードが掲げられました。

試合の応援はもちろんのこと、応援団から生まれたボランティア組織“しーがる隊”を中心に、試合の運営や地元でのイベント、PR活動に多大なご協力をいただいています。
名誉団長は宮本泰介習志野市長、団長は織戸克久さん。
ともに戦い、ともに3連覇、4連覇を勝ち取ってきました。