• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

  • none

ピックアップ店舗

shop name幕張スイーツファクトリー 「プティマリエ」 

shop name織戸自動車整備工場

shop nameアサヒ建築土木株式会社

shop nameANYTIME FITNESS 京成大久保

shop name朝寝坊

カテゴリ
ホーム >> 注目情報一覧 >> オービクシーガルズ

習志野の街のニュースな話題

オービクシーガルズの試合を中心にお伝えいたします

オービクシーガルズの試合を中心にお伝えいたします

今年こそ日本一!!
シーズンが始まりました。
結果は、こちらに記載していきます♪

第1節 VS ノジマ相模原ライズ

第1節 VS ノジマ相模原ライズ

【8/28(日) リーグ戦第1節 vs.ノジマ相模原ライズ@富士通スタジアム川崎】

オービックが4Q終盤に逆転し、開幕戦を白星で飾りました。

第1Qは両者無得点。第2Qも攻めきれない一方で、DL#11KJがFGをブロック、DB#16三宅がエンドゾーンの手前1ヤードでインターセプトを決めるなど、ディフェンスがよくしのぎました。しかし、残り53秒にミシガン大出身の新人ホットラインコンビにTDパスを決められ、0-7で前半を折り返します。

第3Q、試合が動いたのは残り1分4秒。QB#15ジェリー・ニューハイゼルWR#18木下へ56ヤードTDパスを通し、7-7の同点に追いつきます。同点のまま迎えた第4Qは、残り5分40秒にノジマ相模原がTD。ここでトライフォーポイントのキックをDL#33仲里がブロックして追加点を許さず、7-13に抑えます。けっきょくこの1点が勝敗を分けました。オービックは残り3分26秒、敵陣31ヤードから、QB#15ジェリーのヒッチパスを受けたWR#84西村が走り込んでTD。キックも決めて、14-13と逆転に成功。ノジマ相模原最後の攻撃を4thダウンギャンブル失敗に仕留め、逃げ切りました。

             1Q  2Q  3Q  4Q 

オービックシーガルズ    0   0   7   7
ノジマ相模原ライズ     0   7   0   6

第2節 VS 明治安田PentaOcean パイレーツ

【9/11(日) レギュラーシーズン第2節 vs.明治安田PentaOceanパイレーツ@富士通スタジアム川崎】

試合前から雨が降り続いた第2節。第2Qに1TDを返されて完封こそ逃しましたが、オービックが攻守で圧倒し、開幕2連勝を飾りました。

                      1Q  2Q   3Q   4Q 

オービックシーガルズ          14   6   13   21
明治安田PentaOceanパイレーツ      0    7    0     0

第3節 VS LIXILディアーズ

【9/25(日) レギュラーシーズン第3節 vs.LIXILディアーズ@フロンティアサッカーフィールド】


春に敗れた(パールボウル準決勝●16-21)LIXILをホームに迎えての一戦は、序盤にリードされるも、WR#18木下の2本のキックオフリターンTDで逆転して突き放し、最終スコア27-13で勝利しました。


第1Qは、残り5ヤードでインターセプトされるなどして、両者無得点。第2Q、LIXILがFGで先制。オービックは再びインターセプトを喫しますが、直後にLB#9塚田がインターセプトのお返し。そこからFGで3-3の同点に追いつきます。再びLIXILがFGを決めて3-6と逆転されますが、直後のキックオフリターンでWR#18木下が95ヤードのリターンTDを奪い、10-6と逆転。続いて、DB#20下水流(しもずる)のインターセプトから、QB#12畑WR#86前田へTDパスを通して17-6で前半を折り返します。

第3Qは、冒頭に再びWR#18木下が97ヤードのキックオフリターンTDを決めて24-6と突き放します。続いてFGを決めて27-6とリードを広げました。第4Q、LIXILのTDパスをエンドゾーンでDB#14藤本がインターセプトするなど、LIXILの反撃をかわしましたが、終盤に1TDを許し、27-13で試合終了となりました。

春の雪辱を果たして開幕3連勝。第3節を終え、全勝はオービック、富士通、パナソニックの3チームとなりました。

              1Q   2Q    3Q  4Q 

オービックシーガルズ    0   17   10   0
LIXILディアーズ       0     6     0   7